LTspice使ってみた

トランジスタをスイッチとして使う回路を写経していたら、LTspiceでシミュレートできるなと思い下のページを参照して使ってみました。

初心者のためのLTspice入門の入門(3)(Ver.2) シミュレーション手順 | LTspice

なんとなく使い方がわかったので、今度はトランジスタをスイッチとして使う回路を下のページを参照して作ってみました。

www.denshi.club

気になる箇所の電流や電圧を確認出来てLTspiceはなかなかの優れものですね。

参考にしたサイトではLEDには電流制限抵抗が入っていないので、LEDに400mAぐらい流れるので焼き切れていますがそこまではシミュレートできないようです。

シリアルポートの複数送受信

必要に迫られないとWindows用のデスクトップアプリを作らないのでなかなかC#が上達しませんね。
マイコンとPCのやり取りにはシリアル通信が欠かせません。シリアルポートを複数使う事があったので

[C#] SerialPort クラスによる、仮想 COM ポート アクセス in C#
を参考にしてGUIアプリを作ってみました。

SerialPortProcessor クラスののReciveData()からFrom1.DataReceivedHandlerを呼び出すと指定のtextboxに入力できないのですが、いろいろサンプルを見ていたところそのままスレッドから別フォームに入力できているサンプルがあってそれをマネをして作ってもうまくできませんでした。 結局デリゲート使うしかないように思って何とか動くようになりました。

        public void ReciveData() {
            if (myPort == null) {
                return;
            }
            do
            {
                try {
                    int rbyte = myPort.BytesToRead;
                    byte[] buffer = new byte[rbyte];
                    int read = 0;
                    while (read < rbyte)
                    {
                        int length = myPort.Read(buffer, read, rbyte - read);
                        read += length;
                    }
                    if (rbyte > 0)
                    {
                        mainThreadForm.Invoke(DataReceived, new SerialPortEventArgs(buffer));
                    }
                    
                }
                catch (InvalidOperationException ex)
                {

                }
            

            } while (myPort.IsOpen);
        }

github.com

QSOパーティに参加した

喪中なので新年のあいさつは抑えつつ、去年はほとんどブログを書かなかったので、今年はもうちょっと頑張りたいと思っています。

1/2~1/3にQSOパーティに参加しました。

ログ帳によると1993年に参加した以来だったので25年ぶり。 無線機の登録、住所変更が間に合わなかったため、移動局としてハンディ機+モービルホイップをベランダに設置しましたが、なかなか飛ばないため苦戦しましたが、ギリギリ20局クリアしました。

今回は何とかコンプリートしたいと思うのであと11年忘れずに頑張ります。 もうちょっとアンテナをどうにかするか、車を借りて移動するかなど対策取る必要があるのを年末に

苔玉を作ってきた

友人のいけださん(@tenyawanya)が

www.facebook.com

に出店するということで、時間が空いたのでちょっと冷やかしに行ってきました。

以前から作ってみたかったので、いけださんに教わりながら苔玉を作りました。
乾燥している苔は短い人口芝の感じでしたが、水を吸わせて少したつと柔らかく手触りがよくなりました。 枯らさないように育てていきたいと思います。

苔玉アーティスト コケダマンに教わって苔玉作ったよ。

2016年のふりかえり

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
すでに2017年ですが、2016年のふりかえりをしたいと思います。

keep

  • たくさん歩くこと(毎日15000歩)
  • スキマ時間を活用して英語の勉強を継続
  • 早寝早起
  • ソフトクリームをたくさん食べる部活動を継続

problem

  • 勉強会の参加ブログ以外発信していない
  • 体重現状維持
  • 運動ができていない

try

  • 週に1~2回は走る
  • fbのプロフィール写真を別の顔ハメ看板にする
  • ブログのアウトプットを増やすか別のアウトプットも
  • 電子回路を組めるようになる

本厄でガクッと体力が落ちた感あるので、同じように人生を楽しみたいなら体調と相談しながら体力をつけて行くことが大切だなとつくづく感じています。

さくらのIoT Platform 体験ハンズオン@札幌に参加してきました。#さくらのIoTPlatform

さくらのIoT Platform 体験ハンズオンに参加してきました。

sakura-hokkaido.doorkeeper.jp

OSC北海道2016に出店されて、こたまごさん(@chibiegg)さんとお話ししてから気になっていましたが、その後なかなか触る機会がなく、今回の情報が流れてすぐに申し込みました。

流れ

思ったこと

  • 用意されたことはサクサクできて物足りなかったです(時間が短いので仕方ないのですが)
  • クラウド側はさっぱりわからないのでそのあたりがわかるようになりたいなぁ
  • APIを使えば自宅からデータを引き出せるのかもわからないのでもうちょっと調べたい
  • APIつかう練習用になにかデータ公開されていないでしょうか?(モジュール買うしかないのかな)
  • クラウド側はやっぱり怖いw(まずは無料チケット使うしか、でもなにからやればいいの?)
  • 慣れていない人のArduinoシールドを外す姿はピンを曲げないか心配だった(余計なお世話)

Power LEDが白色LEDとは自分的には斬新 #さくらのIoT

OSS Gateワークショップin札幌2016-09-24にビギナーとして参加してきました #oss_gate

OSS Gateワークショップin札幌2016-09-24にビギナーとして参加してきました

参加するまで

  • FacebookでシェアされてきたURLで存在を発見
  • 正直自分が参加してよいのか?と思いつつ参加ボタンを押した
  • 内心どんなOSSを選べばよいのか決められなかった

当日

ふりかえり

  • OSSへの参加は難しくない
  • すごいissueを立てる必要もない
  • ちょっとmbed-osの開発環境と近くなった気がする
  • メンターのみなさんの持ち上げ方上手い
  • 少し踏み出せそうな気持ちになった
  • githubはほとんど使っていなかったので使い方が怪しいw
  • backgroundを知らない相手に対して文章を書くのは大変だが、それを英語にするのはもっと大変
  • もっと英語を!
  • 実践あるのみ!
  • 須藤さんのお子さん可愛かった

メンターの皆様には心地よく参加できる雰囲気ありがとうございました。また、そこそこ時間がかかるけどゴールまでたどり着くか不安だったのですが、もっと簡単な着地点を教えていただきありがとうございました。特に @cafedomancer さんには助けられっぱなしでした。ありがとうございました。

次回は参加できるかまだわかりませんし、メンターになれるほどの自信はできていないですが11月まで修行を積みたいと思います。ありがとうございました。